FC2ブログ

--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL

http://iseifudousan.blog.fc2.com/tb.php/285-f1e56bd0

10

19

コメント

H27年度宅建試験

こんにちは。Tです。

昨日は宅建の試験が行われました

宅建と言えば、土地や建物の売買、仲介を行う不動産業を営むためには最低一人、大きな会社だと五人に一人は有資格者を置かなければなりません。
また売買や仲介の際に重要事項説明書を読みますがこれも有資格者しかできません。

さて、今回の宅建試験では平成27年4月1日より宅地建物取引業法が改正され「宅地建物取引主任者」から「宅地建物取引士」へ名称が変わり一回目の試験となっております

平成26年の申込者数238,343人に対し、平成27年の申込者数は243,155人となっており名称変更した初めての年ですので、今年取りたいという方が増えたのかと思いますね

文字通り、士業への変更になったことから試験の難易度は難しくなるという事は推測されていましたが実際はどうなのでしょうか?
実際に受けた方の話を聞いてみると、

・宅建業法の個数問題が8つ、組み合わせ問題が1つに増えている(通常は4択の問題です)
 受験者が一番点数を稼ぎやすいのは宅建業法ですので、これは痛いですね

・民法の難易度が司法書士試験と同等なくらい難易度が高い
去年私も受けましたがかなり難しかった記憶があります。重箱の隅をつつくような問題が多かったみたいです

・時間が足りずに終わった
民法の文章が難しく表現されているので考えるうちに時間が過ぎてしまったのでしょう。

・過去問にない問題が多かった
これは私が受験した時も感じました。正直2択までは絞れるけど、どっちかわからないというのが何問かあったので運も必要ですね。

以上になりますが、受験者にとって一番気になるのは合格率ですよね

過去の合格率は約15%でしたが、今年の合格率は約10%~12%と予測しています。
他の士業の合格率は10%を切っているので、それに合わせてくる可能性は高いですね。

ちなみに宅建の試験は○○点数中、○○点取れば合格というものが最初から決まっているわけではなく、合格発表の時に初めて合格の点数がわかります。

各予備校も合格予測点数を発表していますが今年ばかりは全くわからないです

受験者の方お疲れさまでした
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://iseifudousan.blog.fc2.com/tb.php/285-f1e56bd0

プロフィール

isei5522

Author:isei5522
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。