--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のトラックバックURL

http://iseifudousan.blog.fc2.com/tb.php/307-ba57305c

09

25

コメント

住宅ローン借換で返済額が減少?

b083ab5e3967.jpg


こんにちは。

本日のお話しは住宅ローンの借換についてです。
既に家を購入してローンを払っている方、今の金利はいくつですか?

最近購入された方は、金利は低いと思いますが、数年前に購入された方、高い金利を払っていませんか?

借換とは
"借り換えは、高い金利で組んでいたローンを、より低い金利で組み直すなど、有利な条件で借り入れし直すことをいいます。 これは、別の金融機関で新たにローンを組んで、現在借りているローンを一括返済するという仕組みで、その期待する効果は「総返済額の削減(利息の節約)」となっています。"

img01.jpg

(独)住宅金融支援機構が「2015年度 民間住宅ローン借換の追加実態調査」を実施されました

対象は、民間住宅ローンを借入している方で、2015年11月から2016年3月までに借換した方。調査時期は2016年6・7月。回答数は259件。

以下 借換前後における金利タイプごとの構成比
「全期間固定型」が16.2%(借換前)→12.9%(借換後)
「固定期間選択型」が55.4%(借換前)→53.8%(借換後)
「変動型」は28.3%(借換前)→33.3%(借換後)

借換までの経過年数は、すべての金利タイプで経過期間「5年以下」と比較的早期の借換が最も多かった。

借換によって金利が低下した方・・・全体の82.6%
「~1.0%低下(0.5%超1.0%以下低下)」した方・・・21.6%

借換によって返済期間が短期化した方・・・全体の65.6%
「~5年以下短期化(0年超5年以下短期化)」した方・・・31.3%

上記の結果から、借換をする人は割と早めに決断をされていますね
金利って0.1%変わるだけでもトータルで結構変わりますよ!
また、全体の8割が借換をしたことによって金利が低下されたってことは、やらないと損ですよね!
ただ、借換をする際に諸経費がかかる場合もありますので、予め金融機関に確認を取るといいでしょう
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://iseifudousan.blog.fc2.com/tb.php/307-ba57305c

プロフィール

isei5522

Author:isei5522
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。